日本橋の歯科|小池歯科医院 TOP > 予防歯科

予防歯科

予防歯科の重要性

予防歯科の重要性

虫歯や歯周病が悪化してから治療を始めても、元の状態に戻ることはありません。

虫歯と歯周病の原因はプラークであることがはっきりしていますので、逆に言うと予防しやすい病気です。定期的にメインテナンスしていれば仮に虫歯や歯周病にかかっても早期発見が可能で、治療期間も費用も抑えて治療することができます。

歯のお手入れ

ホームケア「ブラッシング」

ホームケア「ブラッシング」

ご自宅でできる歯のお手入れ方法として、「ブラッシング」が挙げられます。しかし、せっかく時間をかけてブラッシングしていても、正しい方法でなければ効果は下がってしまいます。正しいブラッシング方法を身につけて、日々実践していきましょう。

正しいブラッシング方法

1.歯と歯ぐきの境目を狙って磨く

歯ブラシの毛先が歯と歯ぐきの間に45°くらいの角度であたるようにします。

2.力を抜いて小刻みに歯ブラシを動かす

力を入れてゴシゴシ磨くと歯と歯ぐきを傷つけてしまいます。余計な力を入れず、優しく丁寧に磨きましょう。

3.磨く順番を決めて磨き残しを防ぐ

時間をかけて磨いても、磨き残し箇所があったら意味がありません。あらかじめ磨く順番を決めておきましょう。

プロケア「PMTC」

歯科医院で行う歯のお手入れとして、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が挙げられます。ご自宅で正しいブラッシングを続けていても、どうしても取り除けないプラークがあります。

PMTCでは、専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面に付着したプラークや沈着物を特殊な機器を用いて完全に取り除きます。また、プラークの再付着を防いで歯質を強くするためにフッ素塗布を行います。北欧でシステム化され、現在では多くの国で行われている方法です。

PMTCの効果として、「虫歯予防」、「歯周疾患の改善と進行の防止」、「歯質の強化」、「審美性の向上」などが挙げられます。

PMTC

定期検診

虫歯や歯周病の治療後に大切なことは、再発させないようにすることです。治療が完了した後で、すぐにまた虫歯や歯周病にかかってしまっては元も子もありません。

3~6ヶ月に一度は歯科医院で定期検診を受け、日頃から虫歯や歯周病の予防と早期発見・早期治療に努めましょう。