日本橋の歯科|小池歯科医院 TOP > 歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯に溜まったプラーク(歯垢)に棲む細菌が毒素を出し、歯や歯ぐき、歯槽骨などの歯周組織を破壊していく病気のことです。

口を大きく開けただけで細菌が口腔内に入り込み、その細菌が原因で歯周病になってしまうこともあるほど、誰もがかかりやすい病気です。

最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう非常に怖い病気ですので、普段からの正しいブラッシングや定期検診を受けることで、歯周病にかからないように予防していきましょう。

歯周病の原因

ほとんどの日本人が、歯周病かその予備軍と言っても過言ではありません。20代で約80%の人が歯周病にかかっているとされ、年齢が高くなるごとにさらにその割合は高まるとされています。

なぜ歯周病にかかりやすいのか?

原因その1 「プラーク」

正しいブラッシングを行っていてもプラークを完全に取り除くことはできません。歯科医院で定期的なクリーニングを受けましょう。

定期的なクリーニングは予防歯科で!

原因その2 「歯並び」

歯並びが悪いと磨き残し箇所が多くなり、プラークが溜まりやすくなります。歯周病にかからないためにも、歯並びを矯正することをおすすめします。

歯周病の原因

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、さらにプラークが溜まります。歯ぐきの腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入して歯槽骨が破壊され始めます。

中程度歯周炎

中程度歯周炎

歯ぐきの炎症がさらに拡大し、歯槽骨が歯の根の長さの半分近くまで破壊されます。歯がグラつき始め、歯周ポケットがさらに深くなります。

重度歯周炎

重度歯周炎

歯槽骨が半分以上破壊され、歯がグラグラします。溶かされた歯槽骨は自然に治ることはなく、再生治療が必要になります。

歯周病の症状が重くなる前に

歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がないため、そのまま放置してしまいがちです。気づいてから歯科医院に行ったときにはかなり症状が進行してしまっているケースが多いのが特徴です。

歯周病は最悪の場合、歯が抜け落ちてしまったり全身疾患を引き起こしたりする非常に怖い病気です。少しでも口腔内に違和感を覚えたら、すぐに歯科医院に行くようにしましょう。