日本橋の歯科|小池歯科医院 TOP > 審美歯科

審美歯科

当院の審美歯科の考え方

当院の審美歯科の考え方

審美歯科とは、審美性に重点を置いた総合歯科治療のことです。当院では、健康的な歯や歯ぐきを作ることを目的として、審美性はもちろん、噛み合わせなどの機能性の改善・回復にも重点を置いています。

あなたは、他人が話しているときに、前歯が欠けていたり奥歯から銀歯がのぞいていたりすると、それが気になって話に集中できなくなってしまったことはありませんか? また、たばこなどが原因で歯が黄ばんでいると、同じように気になりませんか? もし、あなたが気になっているとしたら、他人があなたを見るときも同じように気になっているはずです。

審美歯科では、このようなケースにおいて、歯の審美性と機能性を改善・回復していきます。

金属アレルギーのないノンメタル歯科治療

最近、口腔内に使用される金属によって金属アレルギーになってしまう方が増えています。舌や粘膜の口内炎など、皮膚・粘膜疾患などが増加しているようです。

そのような事態にならないために、当院では金属を使わないノンメタル歯科治療をおすすめしています。素材には、ジルコニア、オールセラミック、ハイブリッドセラミックなどの各種セラミックを使用。患者様一人ひとりに合ったものをご相談の上で決定しています。

金属を使用しない審美治療によって、健康で充実した生活を送っていきましょう!

セラミックを使用した治療

セラミッククラウン

セラミッククラウンは、歯を削ってその上にセラミック製の被せ物をする治療方法です。変色がなく、天然歯と見分けがつかないほどの審美性を手に入れることができます。銀歯を白い被せ物に替えたい方、自然な見た目の差し歯にしたい方などにおすすめです。

症例はこちら

セラミックインレー

セラミックインレーは、虫歯治療などで歯を削った部分にセラミック製の詰め物をする治療方法です。保険診療であれば銀歯を詰めるのが一般的ですが、天然歯と同じような色調を持つセラミックを詰めることで、自然な見た目を得ることができます。

症例はこちら

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドは、金属の土台にセラミックを焼きつけた被せ物をする治療方法です。中身は金属ですが、外から見える部分にセラミックが焼きつけられているため、見た目に違和感はありません。また、硬くて割れにくく、変色しにくいというメリットもあります。