日本橋の歯科|小池歯科医院 TOP > 入れ歯

入れ歯

入れ歯について

入れ歯について

入れ歯には、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。

「総入れ歯」は、文字通りすべての歯を入れ歯にすることです。最初は少し抵抗があるかもしれませんが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていますのでご安心ください。一方「部分入れ歯」は、歯の一部分を入れ歯にすることです。部分入れ歯を装着するには残った歯が重要になりますので、普段からのメインテナンスが欠かせません。

保険診療と自費診療の違い

・保険診療の入れ歯

素材はレジン(歯科用プラスチック)になります。熱を伝えにくいため、食べ物の温度や味を感じにくくなります。また、衝撃で壊れやすいというデメリットがあります。メリットは、保険が適用されるため費用が安く済むことです。

・自費診療の入れ歯

選択できる素材が豊富です。患者様のご要望に合わせて最適なものを選んでいただけます。機能性も審美性も入れ歯とは思えないような自然さが手に入ります。デメリットは、保険適用外のため費用がかかるということです。

当院がおすすめする入れ歯

金属床

金属床

口腔内の粘膜に接する部分を金属にしたもので、この金属部分を「金属床」と言います。プラスチックの入れ歯と比べて熱伝導率が高いため、食べ物の温度や味が伝わりやすいというメリットがあります。また、薄くて丈夫、清潔さを保つことができるなどのメリットもあります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

強力な磁石を利用することで、審美性と機能性を向上させた入れ歯です。残っている天然歯に磁性金属を、入れ歯に超小型磁石を取りつけてしっかりと固定させます。

マグネットデンチャーのメリットは、装着・取り外しが簡単であることです。強力な超小型磁石によって入れ歯を近づけるだけで所定の位置に吸いつくようにはまります。また、バネがないため見た目もすっきりしていて、お手入れも簡単です。

なお、マグネットデンチャーはインプラントと併用することは可能ですが、歯根が残っていない場合には採用することができません。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーは、数本だけ残った歯や歯根を支えにした入れ歯です。歯根にはインプラントを埋め込み、アタッチメント(入れ歯を固定する装置)で固定します。動きにくく、外れにくい入れ歯です。

オーバーデンチャーの特徴として、よく噛めることが挙げられます。顎と一体感のある入れ歯で、自然に近い噛み応えがあります。また、サイズが小さいために違和感も少なく、見た目もよくなります。

さらに、支えの歯が使えなくなってしまった場合、修理して簡単に総入れ歯にできます。そのため、新しく入れ歯を作る必要がありません。